紫外線吸収剤と紫外線撹乱剤の違いについて

良く見かける「紫外線吸収剤だから肌に悪い」と「紫外線撹乱剤だから肌にいい」とか。実際のところどうなんでしょう。

調べてみました。

http://www.laroche-posay.jp/?s=column/tomori03

ラ・ロッシュ・ポゼのサイトに皮膚科医の友利新先生がお書きになっていました。

まとめてみます。

紫外線撹乱剤 紫外線吸収剤
仕組み 紫外線を反射・散乱させて皮膚を防御 紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出
肌への負担 低め 高め
テクスチャー 白浮きしやすい なじみやすい
効果 低め  高め

また、

現在はテクノロジーも発達し、散乱剤でも白浮きしにくいもの、吸収剤でも敏感肌にも使用できるものと、どちらを使用しても問題ない製品が多く販売されています。

だそうです。

敏感肌だからといって紫外線吸収剤を使用した日焼け止めを除外する必要はなさそうですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です